読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずぼらさんの生活レシピ

2月末に男の子を出産予定のプレママ。基本ずぼらな私の家事、育児、その他日々のこと・・・

私の出産経験 出産当日

初めての出産、産院や知り合いからどんなに情報をもらっても怖くて仕方ないもの。
一つの例として私の経験が不安軽減に役立てばと思います。

起きたときからなんかお腹痛い。きたかな?また前駆陣痛かぁ?

朝~昼すぎ

前駆陣痛らしき痛みが1時間ごと。陣痛アプリで記録をつけ始める。痛みは生理2日目ぐらいの痛みが2分程なので対して苦痛ではなく。お昼ご飯も普通に作って食べ、おやつを作ったりしていました。

夕方

ついに陣痛が10分間隔に!(これが出産約5時間前)
陣痛中にじっとしていれば耐えれる程度の痛み。間の時間は普通に動ける。病院に電話して家族の運転で向かうことに。

病院

まずは書類を渡して検査。子宮口4センチ強。まぁまぁですねと助産師さん。
夕食は陣痛食にするか普通食にするかと聞かれ、まだまだ余裕のあった私はもちろん普通食を希望!ご飯が美味しいことで有名な病院だったので。

陣痛分娩室へ

移動した途端、陣痛がかなり痛くなってくる。(出産約3時間半前)
腰をさすってもらわないと耐えられない程。吐き気もあり、出してもらった食事も数口しか食べられず。陣痛は5分ごと、1回が1分半でもその後も痛みが残るので楽な時間が一瞬で過ぎ去っていく。
旦那さん到着。(出産約2時間半前)5分と経たずに陣痛がやってくる。とにかく強く背中をさすってもらうと楽でした。いきみのがしを考える間もなく痛みがやってきて、テニスボールを使うことはなく。
初産のため、時間がかかると思われており、助産師さんもなかなか様子を見にきてくれず、ようやく来たときには子宮口から髪の毛が見えていました。

分娩室

ベッドを動かして分娩台へ。「いきんでもいいですよ~」と言われるが、便が出そうな気がして上手くいきめず。「そうそうその感じ」と言われた時の感覚はまさに大をしているとき!びっくりでした。
体力も限界、まだ終わらないの?と何度も思い、もうどうにでもなれ~となった辺りで、「もうすぐですよー」と。
それからは言われるがままに力を入れて抜いての繰り返し。どれだけの時間やっていたのか、今となっては思い出せません。
そして赤ちゃんの泣き声が部屋中に聞こえて、体の痛みがすーっとなくなりました。

終わってみて

傷なく母子ともに健康に終えた出産でした。それでも想像を超えた痛みにくじけそうになりましたが、始まってみればやるしかないもので、乗り越えられるものです。私の場合は時間が短かった分、心の準備をしきらず始まり、痛みも強かったかもしれません。やっぱり出産は人それぞれ。ただ、初産でも短時間の場合があることは伝えたかったです。

これから出産する方へ

  • 出産は人それぞれ。前例にしばられず、自分の体のサインをしっかりキャッチしてあげて下さい。
  • しんどいときは悩まず病院や周囲に相談。あとナースコールを押すこと!周りに頼って下さい。
  • 安心して出産に臨むために、本格的に始まる前に、浣腸しててもらうのをおすすめします。
  • 終えた先には待ちに待った赤ちゃんが待っています!