ずぼらさんの生活レシピ

基本ずぼらな私の家事、育児、その他日々のこと・・・

クリスマス事情〜サンタさんはやってくる?!〜

メリークリスマス!

いかがお過ごしですか?

 

子どもができるとガラッと変わるクリスマスの過ごし方。

我が家ではギリギリまでなんの計画もなく、当日思い立って、チキンとケーキを買い、手作りピザでパーティをしました。

 

まだ0歳の子どもがプレゼントを欲しいと言うこともなく、何を買おうか悩んでいる内に当日に。

24日の夜、急遽知り合いのお下がりのアンパンマンウォーカーを組み立ててプレゼントにしました。

音が鳴るし、仕掛けもいっぱいで、既に持っていた西松屋のウォーカーより気に入りそう!子どものワクワクした顔が楽しみです!

 

 

と、準備してから、夫とプチ会議が始まりました。

これからサンタさんをどういう存在にしていくのか。

いつまでサンタさんは来てくれるのか。

プレゼントの予算はいくらにするのか。

 

子どもができるととーっても大事な問題ですよね。

お父さんがサンタの格好しているのを見てショックを受けた、とかよく聞きますし。(実際にはあまり聞いたことないかも?)

 

そんなわたしの実家では、サンタさんは物心付いた頃から来ていませんでした。その代わり、サンタさんから事前に両親に金券が届きます。なので、クリスマスイブにはトイザラスへ行き、その予算内で兄弟で相談してプレゼントを決め購入、24日の夜はそのおもちゃで遊ぶのが定番でした。

夢はあまりないですが、おかげで(?)サンタさんがいなくて幻滅した記憶もありません。

クリスマス自体はおもちゃをもらえる楽しいイベントでした。

 

パパさんはというと、欲しいものベスト3のリストを1週間前までに提出方式で、高価なものは兄弟で一緒にお願いするよう提案されていたそうです。

 

わが家はどうしよう…

子どもの欲しいものをプレゼントしたいし

かといって高価なものを要求されても困るし

近所のパパにサンタ役してもらう?!

ショックを受けるの寂しいよな〜

サンタさんがいない!って断言するのも寂しいよね。

(「サンタクロースっているんでしょうか?」という本の中には、妖精やお化け同様、信じる人の心の中にいると記されています)

 

悩んだ結果

最初の内はこっそり買いに行く。

わかるようになってきたら、サンタさんはフィンランドで忙しいので、金券が送られてきていて、実はお父さん達が買っていた、と説明。

その後は一緒に買いに行く。

予算は1人3000円。

サンタさんからの手紙(フィンランドから手紙が届き、返事を書くとサマーカードがもらえるというのがあります)をやってみよう。

サンタさんがいない!と断言する子にはプレゼントなしだよ〜と伝えよう。

 

となりました。

わかるようになるのがいつなのか、下の子はどうするのか、などなど問題は山積みですが。

それは今からはわからないので、追い追い考えるとします。

 

ある時ふと思い立って説明する日が来るような気がします。

 

 

みなさんのお家にはサンタさんは来ましたか?

サンタさん事情、是非教えて頂きたいです。

 

それでは、良いクリスマスを〜