ずぼらさんの生活レシピ

基本ずぼらな私の家事、育児、その他日々のこと・・・

妊娠出産で最小限の準備リスト①安定期に入ったら

日々の生活はシンプルに楽家事を目指すみーまです。

 

男の子2人の出産を経験し、いろいろな妊娠出産準備グッズを買って使いました。

(抱っこ紐に至っては4種類もあります。)

2度の経験をふまえ、今ならこれを揃える、という出産準備リストを作ってみました。

ちなみに毎日洗濯、最低限これだけあれば良いと思うものです。

ミニマリスト、シンプリスト、たくさんものを増やしたくない方におすすめ。

 

シリーズで続けていきます。

  1. 安定期に入ったら揃えるもの
  2. 妊娠中に必要なかったものと代用方法
  3. 出産の為に必要なもの(お母さん)
  4. 出産してすぐに必要なもの(赤ちゃん)前編
  5. 出産してすぐに必要なもの(赤ちゃん)後編
  6. 5か月までに揃えるといいもの

 

安定期に入ったら揃えるもの

妊娠中に必要なものですが、ほぼ産後にも使います。お腹が大きくなくても、締め付けの少ない衣類の方が過ごしやすいので、安定期に入ったら揃えると良いでしょう。数を少なくしてローテーションする方が、短い期間で使い切ることができるのでおすすめです。

 

授乳できる産前産後兼用パジャマ 2セット

今までのパジャマではお腹の締め付けが苦しくなってきます。入院時にも使いますし、退院後も夜間の授乳は続きます。早めに購入して損はないグッズです。季節に合わせたものが良いですが、できれば薄手のものにし、カーディガン等で調節するようにすると長く使えます。入院中は他のママ達に会う機会も多いので、見栄えの良いものがいいでしょう。

>

 

前開きのシャツワンピースとマタニティレギンス 2セット

普段着用に。シャツワンピースは授乳服でなくていいですが、産後にも使えるよう前開きで。1つはゆったりめでやわらかい素材のもの。入院中のパジャマの洗い替えにも使えます。もう1つはお宮参り等のお出かけにも使えるものがあると産後に焦らずに済みます。

 

授乳キャミソールorタンクトップ 3枚

ユニクロのブラトップでも構いませんが、やや締め付けが強いので、サイズ大きめに。私の愛用は少し高めですが無印良品の授乳タンクトップです。タンクトップなら肩紐が見えても安心です。安い授乳タンクトップもありますが、、胸の部分が袋状でカップ取り外し可能なものは、洗濯のときによれたり飛び出たりとストレスになるので、カップ一体型がいいです。

 

マタニティショーツ 3枚

お腹を締め付けないもの。マタニティ期は肌が敏感になっていたので、縫い目があたって痛いものもありました。こちらもおすすめは無印良品のマタニティショーツ。縫い目がなく、よく伸びるので、臨月のお腹もすっぽり覆ってくれます。ユニクロのエアリズムショーツ(通常商品ですが伸びが良いです)も着れましたが、お腹が冷えるのが残念でした。

 

マタニティズボン(仕事で必要であれば) 2着

私は私服勤務で仕事ではズボン着用だったので、洗い替えを考え2本必要でした。細身のズボンの方がゆったりトップスやワンピースにも合わせやすくて良いですよ。

 

骨盤ベルト 1個

お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれ、骨盤が開き、骨盤や股関節、腰などに痛みが生じます。そんなときにサポートしてくれる骨盤ベルトは必須です。産後は骨盤を引き締める必要があるので、産前から使えるものを一つ用意しておくと良いです。

犬印本舗 犬印 なが〜く使えるマタニティベルト マタニティ ベルト 骨盤ケア Mサイズ Lサイズ / 妊婦帯 妊娠 産前 産後 骨盤ベルト 骨盤 ベルト サポート 腰痛 腰痛予防 / M L ブラック ピンク マタニティー 妊婦 補正 矯正 引き締め
by カエレバ

こちらの骨盤ベルトはベルトの大部分がマジックテープの付く素材になっているので、産前産後の体型差をカバーできてよかったです。

トコちゃんベルトMサイズももらったのですが、産後には使えたものの妊娠中はつけることができませんでした。(ちなみに妊娠前から出産時までの体重増加は9キロです)

 

以上、これだけあれば妊娠期を乗り越えられるでしょう。

他に必要なものがあれば、必要になった時に購入検討すること。今はネットで注文すれば数日で家に届く時代なので、先回りしていろいろ買わなくても大丈夫です。